Googlemapは便利です

subpage01

Googlemapはいろいろな利用方法がありますが、特に便利なのは初めてのところに伺うときで、不思議な力を発揮してくれます。

Googlemapの最新情報が知りたい方にはこちらです。

地図だけでなく、空中から見た写真もあってどのようなところかも分かりやすいのですが、中でもGooglemapで一押しになるのはストリートビューになります。

ストリートビューは、通り道を自動車などで撮影したものであり、余程の狭い道でない限り、あらゆる道路をカバーしたものとなっています。



したがって、初めてのお家をお伺いするときや、地の利に疎い場所で出向くようなときには、これで予習しておくと、現地に着いたときに、見た景色で迷わなくて済むなとか、次を右に曲がれば到着できるというような予想ができるので、心強い味方になってくれるというわけです。
特に、自動車の運転技術に多少の不安があるような人にとっては、どの交差点を曲がるとか、道の広さはどうかとか、駐車する場所はあるのだろうかということが気になるものですが、Googlemapであらかじめ交通ルートを見ておけば、まるで自分が自動車を運転した道であるような体験ができるので、安心して当日自動車を動かすことにつながるということになります。
一時はプライバシー問題が起きるのではないかと心配されるくらい鮮明な画像が出てきていました。今も鮮明さはそうですが、通行人やご家庭の表札などへの配慮をしたものとなっていますので問題はありません。



番地については、電柱上の表示などで確認することが可能となっています。